Welcome!

スペイン 気になる話

12時間前
4月の最終週、またまた気温が下がるそうですが、陽射しが気になる季節となりました。
今更手遅れながら日焼けには注意を払っていますので、アウトドアにはSP50の日焼け止めクリームを手放せません。

春の初めに皮膚科のドクターに勧めらるままに衝動買いしてしまったSun Screen Vervetが、なかなかの優れもので驚いています。
ギリシャのメーカーと聞いた時、かの斜陽の国ギリシャの日焼け止めか...と、一瞬躊躇したのですが、皮膚科医お勧めだし試してみることにしました。

Second skin technology?ほんとに?

Frezyderm社のSun Screen Vervet Face SPF 50+
無色と色付きの2種類があるので、無色のほうを購入しました。
無色無臭の透明ジェルです。
オイルフリーでべたつき一切なし。物足らないぐらいべたつきなしなので、伸びもよくありません。
ところがお肌になじませると、謳い文句の通りお肌が滑らかなベルベットみたいで、この感触は初めてです。第二の肌とあるのも大袈裟ではありません。
日焼け止めクリームを塗った時の、肌の呼吸を妨げるような感触が一切ないのです。
肝心の日焼け止め効果の高さは、山歩きで試してみると完璧でした。
しっかりウォータープルーフのようですし。

慣れると少量でも顔にまんべなく伸ばせるようになり、最近は化粧水の後にこのジェルを塗るだけで、クリームやファンデも使っていません。

まるで化粧品購入に導くコスメブログみたいになってしまいましたが、かなり驚きの一品だったので、「ねえ奥さん、聞いてよ。」のノリで紹介させていただきました。

容器が斬新で、蓋をくるっと回してワンプッシュ。良く言えば使いやすい。難を言えば、持ち運びには不向きです。バッグの中で知らない間にワンプッシュということがあり得そう。値段は50mlで19ユーロ前後。

どこで買えるか。基本的には皮膚科です。
大きな薬局だと、注文すると取りよせてくれるそうです。
Onlineのファーマシーだと、取り扱っているサイトはたくさんあります。
バルセロナにお住まいであれば、私が行ったPasseig de Gracia 61のビルの中にある皮膚科DERMASで、診察なしで購入だけでも可能です。
色付き、無色があるので気を付けてくださいね。

とは言え、コスメの使い心地や肌への適性は個人差があるので、そのこところヨロシク!
ギリシャの友人の話によると、ギリシャ国内の情勢は依然として混沌としているようです。
でも、こんなに素晴らしいサンスクリーンを作れるんですもの。
国力回復も夢ではないと願いたい。
 
ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

2日前
今年のサンジョルディは日曜日。
サンジョルディは祝日ではないので、いつもは学校や仕事が終わった午後から活気が出てくるのだけれど、今年はいつもと様子が違います、
朝から、わんさか人が繰り出し、バルセロナの街の中心はちょっとしたカオス状態です。

恐ろしいほどの人出で、Passeig de Graciaなんかは、身動きできません。

これでテロなんか起こったらアウトねと、
ちょっと不安になったりもする。
 Porta del Angelも然り。

それでもバルセロナの一大イベント、サンジョルディは、
元気です。





この人混みの中をスケボーで走るお兄ちゃんたちもいれば、
優雅にクラシックカーを走らせる人もいる。
もれなく、サルダーナもありますし。
 ゴシック地区は、ツーリストが右往左往で、
はい、今日は本当に疲れました。
ただいま!って帰ってきたら、次男坊からサプライズのバラの花。
やっぱりサンジョルディの日っていいな。

ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

4日前
今回のフランス旅行は、いつでもタンポポ、どこでもタンポポ。 走れど走れどタンポポが畑を埋め尽くしています。




そしてもうひとつ。
タルン渓谷のどの村でも見かけたのが、ピレネーの村でもよく見かけるカルリナのドライフラワー。
この植物、学名は、Carlina acaulis。
スペインでは、 Cardo dorado、Cardiñeta、 Angelina等と呼ばれ、昔は野菜として食していたそうです。
バスク語では、Eguzkilore。
厄除けや、疫病予防のためにドアに飾ると聞いたことがあります。
そして日本語では、チャボアザミですって。



タンポポもカルリナもどちらもキク科。
葉っぱの形や花の感じが似ているけれど、全然違うのね。
タンポポは、種を作ってフワフワ風に乗って飛んで行く。
カルリナは、花と葉っぱが地面にへばりつくように枯れていく。
どちらになりたい?と聞かれれば、私はタンポポになりたい。 

 
ポチっと応援お願いします。
5日前

宿泊した村Les Vignesは、タルン渓谷のど真ん中。
短い日程だけれど、効率よく周れます。
今回は山歩きなしで、ひたすらドライブ。連続カーブも何のその。らくちん、らくちん。
BELVEDERE DU PAS DE SOUCYから渓谷を見下ろす。
フランスだもの、お城にも行きたい。Severacのお城では、猫ちゃんたちが迎えてくれました。
どうしたの?誰を待ってるの?
やっと写真に納まってくれました。
タマちゃんと呼んでいいですか?




この辺りの猫ちゃんたちは、皆お目め小さめ。
クロちゃん、渋いなあ。
ポチっと応援お願いします。
7日前
 「あの橋を見てみたい。」
今回のフランスのEscapada(ちょっとした遠出)の行き先を決める時、とーさんの一言で、方向が決まりました。
あー、あの雲の上に突き出た橋ね。前々から言ってたもんね。

あの橋とは、Millauの世界一高い橋のこと。日本語ではミヨー橋と呼ばれているようです。

橋の上を車で走るか、それとも橋の下から見るか...とりあえず、橋の下から見上げることにしました。

全長2460m、主塔の地面からの高さが343mというのですから、半端じゃありません。
私も一目見たかった。ミヨー橋を見てみよー。

見えてきました。
どんどん近づいて、
橋の真下まで来てみたら、
さすがに高くて美しくて、「ワ~!」なのですが、何だろう、あの雲海から突き出たイメージが強烈すぎて、期待していたほどインパクトがないかも。

確かに凄いんですけど、私は橋よりも桜の木のほうが気になるので、とーさんが橋の写真をこれでもかと言うほどバシバシ撮っている間、しばしお花見に興じます。
 
たどり着くのが困難な所に簡単に行けるようになる「橋」。
もしかしたら、「橋」は男のロマンなのかもしれません。
次元は違うけど、バルセロナの街を歩いていても、工事現場でボーっと、しかし腕組みして熱心に見学しているのはおっちゃんとかおじいちゃんばかり。
優秀な女性の土木技師もいらっしゃるでしょうから決めつけはいけませんが、橋やトンネル、総じて土木工事は男のロマンなのかもしれないなと、そんなことを考えながら桜を愛でていると、桜餅が恋しくなりました。 

ポチっと応援お願いします。

スペイン 気になる話

作者:みねんか

スペイン 気になる話

バルセロナ在住21年のお母さん。バルセロナの話題を中心にスペインの気になる情報を発信します。

7日 419 総合 1185 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



みねんかさん新着記事



過去記事

みねんかさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
3位 スペイン庶民生活@バレンシア
4位 食べて歩いて遊んでスペイン!
5位 QuiroGena@Barcelona
6位 多文化共生 多言語共生 国際交流
7位 うきうきバルセロナ
8位 スペイン 気になる話


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録