Welcome!

スペイン 気になる話

20時間前
またあ?嬉しがらせて、また来ないんでしょ。
言わずと知れた、ユニクロのバルセロナ進出の話です。

初めてこのニュースを見たのは確か2014年頃。やったね!と喜んだものです。
で、いつの間にかお蔵入りになって、またニュースが発表されては立切れになって、ユニクロはイソップの狼少年ねと、噂程度ではもう鼻にもかけなくなりました。
とは言え、ZARAを抱えるスペインの大御所INDITEXが、ライバル社ユニクロの進出を阻止していたからとの噂は、さもありなん。

そしてまたまた、この秋にオープンとのニュースが出たので、今度こそ!と待ちわびている方が多いと思います。私もその一人。
値段はヨーロッパ料金になるのでしょうから、コスパはそれほど魅力的ではないかもしれないけれど、それでも日本のユニクロがバルセロナのど真ん中に出来るのは、うれしいことです。

そして今度はかなり真実味を帯びているので、もう一度だけ信じてみます。もうこれで最後ですからね。
スペインの有力紙 Vanguardiaのニュース
スペインの経済紙economiaのニュース


場所は、Passeig de Gracia 18。現在工事中です。


Passeig de Gracia と Gran Viaの交差点、まさに一等地。
写真に撮ってみました。
 こうなるんだそうです。
現実味を帯びてきました。

ファストファッションの激戦地になりそうなこの交差点は、メトロのL4, L2のPasseig de Gracia駅を地上に上がったところにあります。   


ユニクロからGran Viaを渡ればZARA。

ZARAの前には、ヨーロッパで一番大きいH&Mの店舗。

H&Mに入ってみると、かなり広いです。ファッションよりも上階にあるケーキ屋さんやファストフードのお店に目がいきます。 

今度こそ!本当のような気がします。
今年はそろそろウルトラライトダウンを買い替えたいと思っていたので、秋にオープンしてくれれば
いいなあ。お値段、控えめにお願いします、ユニクロさん。

ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
7日前

探しに探していたダンス教室。
キーワード「ダンス、バルカン音楽、バルセロナ」で引っかかった教室がビンゴ!で、しかも翌々日から新学期開始というタイミングの良さ。即電話をして、定員ぎりぎりで滑り込みセーフで、気がついたらもう踊っていました。

場所は古い修道院を改修した市民会館です。


夜の中庭のカフェは一見の価値ありです。

ダンススタジオ も素敵だし。

あれだけ迷って行きついたダンスは、ヒップホップ・ベリーダンスなのでした。
ヒップホップとベリーダンスのフュージョン。Youtubeとかあまりないので、比較的近い感じのものをペッタンコ。動きがボリウッドにも近いけれど、音楽がヒップホップ。



普段、少林寺系気功の一人練習の時は、中国の二胡などのヒーリングミュージックを使っているんだけど、時々、流派の掟を破って気功をジャズやヒップホップで踊っています。中国の大先生が聞いたらお怒りになることでしょうね。私の流派の気功は、本当は音楽を使ってはいけないのですから。

今回のエステル先生のダンスは、ベリーダンスやフォルクローレを、バルカン音楽やちょっぴりビッチなヒップホップで踊ります。
意外ですが、ベリーダンスの動きもお腹の丹田を安定させることが基本なので、少林寺気功が役に立っています。丹田って、やっぱり大事です。

前のスサーナ先生の時からベリー系のダンスを踊っていて発見したこと。
こういうダンスって、思われがちな、男性に媚びを売るために踊るというより、「自分を好きになる」ために踊っている部分が大きいと思うんです。自分再発見みたいな。
自信喪失、ブルーな気分の時に、男子禁制の女の園(笑)で、思い切り女性を出しきってしまうと、カラッとすっきり。帰りはサバサバと、おっさん気分で帰ります...って、何だかわけがわかんないですが。

最近ちょっと話題になっているスペインのファッションメーカー「Desigual」のプロモーションビデオは、バレエとヒップホップがフュージョンした Hiplet。何でもフュージョンしてしまうんですね。


 
うーん、見る側としては、バレエは純粋にバレエのほうがキレイだと思うんだけどニャー。
ヒップホップ踊るのに、何もつま先立ちしニャくても。

ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


8日前

レーザーでしみ取りをしたので、日焼けはご法度の週末。
見事に曇り空。今にも泣きだしそうな曇り空。
良かったね。これなら安心して山歩きができるというものです。
11月にSant Segimonで食べそこなった、ブティファーラを食べにイザ!


天気予報では雨模様だったので、歩いているのは私たち4人だけ。
メジャーなMatagallの裏側なので、誰もいません。
でも、私はこちらのほうが山との相性がいいのか、
ほっとするのです。






Sant SegimonのPosada(旅籠)に到着。
やっぱり、誰もいないけど、
Posadaは開店営業中。
今日はボカディーリョを持たずに
来ましたから、食べる気満々です。
Viladrauから7km、標高差700mを歩いて登って、食べに来たんですから。
期待を裏切らないでね。
ここからが、本日のメインイベントです。
Posadaは貸し切り状態。
4人ともお腹すいてますから、
オリーブはあっという間に空っぽ。
お目当てのブティファーラ。12ユーロ。
ジャガイモにたっぷりの生ニンニクとパセリ。
リンゴと赤ピーマンの焼いたの、美味しい。
Xai(チャイ=子羊肉)は15ユーロ。
ベジタリアンに傾倒しているとーさんも、
この日ばかりは、ガッツリお肉。
Pa amb tomaquetとワインで、
ささやかな贅沢。 
山歩きはいつもボカディーリョ持参だけれど、
たまにはいいのだ。

また来てねーと、木々が手を広げて見送ってくれました。
また来るよ!

若干ルートが違うのですが、よく似たルートはこちら→ ルート
Monsenyの一番メジャーなMatagallからSant Segimonに回ってくる人が多いようです。

ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ




11日前
一目見て虜になったスサーナ先生のダンス教室が、終わってしまいました。
ついていけなくなるまで続けようと毎週楽しみにしていたのに。

オリエンタル、ギリシャ、インド、アフリカのダンスと、ヨガと気功をミックスしたスサーナ先生と同じようなダンス教室はなかなか見つかりません。音楽もオリエンタルからヒップホップまで選曲のセンスが光ってました。

この際、また一目ぼれするダンスが見つかるまで、クラスのお試しのはしごをしてみましょうか。
小都会のバルセロナにはダンス教室がいっぱいあるし、楽しいかもしれません。

まずは消去法で。
若い頃に一時かじったフラメンコはパス。この歳から始めるには足腰に無理な負担がかかり過ぎる。バレエとかコンテンポラリーはまず無理だし。

とーさん踊れないので、カップルで踊るダンスもパス。これでかなり消去されます。
サルサ、社交ダンス、タンゴ、スィング、....さよなら。

バルセロナのダンス教室を検索し始めると、ほんとに色んなダンスがあるのですね。
ひゃー、Twerkまでありますよ。RihanaがWorkのビデオで踊ってたアレですよね。
なんぼなんでも無理。セクシーダンス、ブレークダンス、ストリートダンス もねー。論外。

おばちゃんにも優しいカントリーは、一斉に右向け右の統制された動きが好みじゃない。
楽しそうでありながら、一つ間違えると暗くなりそう。 → こんな感じ

Bollywood、オリエンタルダンス、ヒップホップとかジャズダンスが残りましたが、うーむ、いまいちピンときません。Zumbaはお家で一人Zumbaが丁度いいし。
Bollywoodか.... って見てたら、家から行きやすい教室が一件。
電話をしてみたら、お試しをどうぞとのこと。

早速、行ってまいりました。

それほど難しくはないし、初心者クラスなのでついてはいけそう。
でも何というか、パッションがわいてきません。
 1時間半踊ったのに汗もかかないし、陽気な楽しさが空回りして不完全燃焼です。

家に帰ると、「どうだった?」と尋ねる次男に、「まあまあ。」と答える私。
「そうだと思った。音楽がママの好きなジャンルじゃないもんな。」
そうそう、それなんです。音楽が私の趣味じゃないんです。

Bollywoodってどんなん?こんなんです。


今度は何を試してみようかな。

ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
17日前
元々メラニン色素が多くてしみの出来やすい体質なのに、スペインに来て以来、燦々と照り付ける太陽に身を任せていたら、 しっかりつけが回ってきました。

鼻のてっぺんに出来たしみが視界に入ってじゃまです。小さなのも含めれば顔中に軽く1ダースはあるでしょうか。
車では助手席に座るので、特に右側の頬に集中しています。
私立の医療保険で相談はカバーされるので 、まあ相談だけ...と思ってPasseig de Graciaの一等地にある皮膚科に行ってみました。

「 日焼けのしみだから、特に目立つのをちゃちゃっと取って100ユーロ。もし今で良ければすぐに出来るよ。施術後はしみが黒くなるから、今日から1週間、大事な人に会う予定がなければだけど。」とアンヘル先生。

「えっ?今ですか!」心の準備ができていない。 毎日色んな人に会うし、大事な人に会わない日はありません。
 CCクリームも塗った状態だし...どうする?

やっちゃえ、やっちゃえと悪魔や天使が耳元で囁く。

 「えーい、やっちゃえ、お願いします。」と答えて、15分後位には施術を終えておりました。

このいい加減さ、日本ではあり得ないのでしょうが、時にはこのいい加減さがよいこともあります。

後で考えれば、どういうレーザーを使うのかの確認もせずに無謀と言えば無謀だけれど、バルセロナの医療技術は結構進んでいるので、不安はありませんでした。

しみ取り、ほくろ取りが、公立、私立ともに保険が適用されるかどうか。
悪性であれば保険が適用されますが、美容のためのしみ取りは、保険がききません。
ただしこの判断は非常にグレーな部分があり、悪性でなくても痛みやかゆみがあるとか、何か理由があれば保険で取ってもらえることもあります。

私のは明らかに美容のためのしみ取りなので有料。
目立つのを大小合わせて15個ぐらいでしょうか、これで100ユーロ+IVA21%で121ユーロ也。

使用したレーザーは、 スイッチアレキサンドライトレーザーです。
(スペイン語で、Láser Alexandrita)
日本でも良く使われているレーザーのようです。
ただ、日本の料金を見てオドロキ、モモノキ!日本は高いですね。料金表を見てみると、私の場合軽く1.000ユーロはかかりそうです。

レーザーを当てた時に、ピリッと、天ぷら油が跳ねた時のような、ゴムでピシっとはじかれたような、そんな軽い痛みがありますが、あっという間に終了です。

そして百一匹わんちゃんになってしまいました。良かったんでしょうか。こんな、急にやっちゃて。

アンヘル先生がアフターケアの注意をしてくれました。

1. こすらない、洗顔もこするのはNG
2. 日焼け止めクリームをしっかり塗る
3. その上からのお化粧や、コンシーラーを塗るのは問題なし
4. 洗顔はお水かぬるま湯で、浸すように洗う。決してこすらない。

全くの不意打ちだったので何も準備ができていません。
帰り道、薬局に寄ると、薬剤師のお姉さんが親身になって考えてくれました。
色々取り出して、説明書を読んだりして、最後に「これがきっといいわよ。」と勧めてくれたのが、アベンヌの筆ペンタイプのコンシーラーです。

今の私の三種の神器。
アベンヌのクレンジングフォーム(泡をそっと軽くのせて、ぬるま湯で洗い流します)
肌色の日焼け止めBBクリーム(夏の終わりにMercadonaで買ったGarnierのもの)
アベンヌの筆ペンタイプのコンシーラー(黒くなったカサブタの上に、優しくのせて、隠してます)
その上からお粉をはたけば、見苦しくない程度に隠せます。
翌日からは日に日に色が濃くなり、1週間たった今、小さなカサブタが落ちそうで落ちない状態になってきました。一番嫌な状態。大きいのは2週間はかかりそうです。
ここが我慢のしどころです。自分で取ってしまってはいけません。自然に落ちるまで待たないとね。

施術後の日焼け大敵のしみ取りのベストシーズンは冬なので、ぎりぎりセーフといったところ。



この際、髪も短くしてみようかな。

私自身の気の流れを少し変えてみるのもいいかもしれません。

ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

スペイン 気になる話

作者:みねんか

スペイン 気になる話

バルセロナ在住21年のお母さん。バルセロナの話題を中心にスペインの気になる情報を発信します。

7日 29 総合 1147 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



みねんかさん新着記事



過去記事

みねんかさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
3位 スペイン庶民生活@バレンシア
4位 QuiroGena@Barcelona
5位 多文化共生 多言語共生 国際交流
6位 食べて歩いて遊んでスペイン!
7位 DESDE JEREZ
8位 SHS APARTMENT & HOTEL IN BARCELONA


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録