Welcome!

Delicatessen News ケータリング及びグルメ食材のオンラインショッピング

1年以上
毎年この時期になるとお店でワインをお買い上げの方に、ワインのボトル一本につき一枚の「クリスマスくじ」を差し上げています。
今年の賞品はワインクーラー冷蔵庫。

'Frai Vin'というメーカーのワインクーラーで16本のワインが収納できる大きさです。

ただいまキャンペーン中につき、ワイン ”PERLAT"をご購入一本につき「二枚」配布しています。
Perlat Anyada, Perlat Syrah, Perlat スィートワインの三種類です。お見逃し無く!
1年以上

Joan D'Angueraというワイナリーの作る、"Joan D'anguera Jove 2009" D.O. Montsant

この今年のワインは2010年以内に飲まれることを想定して作られたもので、収穫したてのフレッシュな葡萄のアロマが心地よく、はつらつとしたワインです。

このワインは、「今」飲むのがよく、時間が経てばたつほどごく普通のワインになっていきます。
去年のJoan D'Anguera 2008も、入荷してすぐに完売しそれからは店頭には並びませんでした。とても人気のあるワイン。

ワインセラーでねかしてねかして、飲み頃を見計らって飲むようなしっかりとしたワインもいいけれど、普段使いの今が飲み頃な「旬」なワインもお試しあれ。


1年以上
とうとうハロウィーンも終わっちゃいました。
カスターニャ(焼きぐり)食べて、焼き芋食べて、スィートワインで乾杯して。

素朴な自然な食材の味がほっこり嬉しい秋の日でした。

ただ、例年ならば、もう少し肌寒くなって「ふーふー」いいながら温かい焼きぐりをほおばるのに、ことしはこの一週間気温がうなぎ上りでほとんど、汗かきながら焼きぐり食べてましたね。

お店でもクーラー入れっぱなしで、ビール飲みながらって言う方がしっくりきたような。

やっぱり、これも地球温暖化の現象なのかしら?

ただ、バルセロナでは、「偽の冬」といって、冬期に気温が5度を下回らないというほど暖かい冬なので、病気は前に比べると格段にしなくなりました。

冬期に厚手のジャケットの下は薄手のTシャツという格好で楽に過ごせるくらい。
昔はよく風邪ひきさんしてましたが、バルセロナに住んでからは調子いいですね〜。

よく冬期に北欧からの旅行者の方で、半袖半パンで街を闊歩している人たちがいますが、あれはあれで、「がんばるなぁ〜」と思います。もうあからさまにノルディックの人たち。いくらバルセロナが暖冬だといってもねぇ。近くに寄ってみて見るとじつは鳥肌たってたりしてね。


そういえば子供の頃に、「乾布摩擦」して風邪引かない!みたいな活動がありましたけどいまでも続いてるんでしょうか?

あと、「裸足運動」。よく、教室に落ちてる画鋲を踏んづけて、コントみたいに飛び上がった記憶あります。(反射神経のなせる技)

日本の小学校はいろいろなことを取り入れていて感心するとともに、それを反対すること無く親御さんが従っているのもすごいところ。

でも、本当のところ、あれって医学的に実証されているんでしょうかね〜?
こちらの人みたいに、いつも靴はいていて、裸足で運動することがほとんどない人たちは、どうなっちゃうんでしょうか。


おかげさまで、足のサイズ25cmあります。(遠い目)





1年以上
最近クリスマスの話題で持ち切りです。そう、10月ももう終わり。
食品関係のお店では慌ただしくクリスマスに向けての準備をし始める頃です。

今日は、「パネットーネ(Panettone)」という名前のイタリアのお菓子が入荷しました。

これは、クリスマスに食べる伝統的なお菓子で、酵母を用いてゆっくり発酵させたブリオッシュ生地の中に、レーズン、プラム、オレンジその他のドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げた、甘く柔らかなドーム型の菓子パンのことです。

独特な、しっとり、もちもちした食感がすばらしい!



チョコレートとオレンジを混ぜ合わせて焼き上げたパネトーネ 500g 16,95 euro

こちらの人は、11月に入ると我先にとパネトーネを探し始めます。3年前はクリスマス一週間前に入荷していました(今から思えば遅すぎですね)。お客さんからの要望もあり、年を重ねるごとにパネトーネの入荷時期がどんどん早まってきています。

なので、今年は10月末に入荷です。




こちらはドライフルーツをふんだんに混ぜ込んで焼いた「パネトーネ クラシコ」500g  16,50 euro

500g と 1kgの大きさを選べます。パッケージもモダンでスタイリッシュ。プレゼントにもよさそう。

いろんなパネトーネを食べ比べてみたけれど、うちで取り扱っているパネトーネは、安いパネトーネにありがちの嫌な匂いも全くなく、一度開封してもちゃんと袋の口を閉じておけば、かなりの間しっとりふわふわの食感が保てます。

個人的に、チョコレートとオレンジのパネトーネがイチオシです。


第二弾目の入荷日には、こちらのチョコレートのつぶつぶが入ったパネトーネ(1kg  25,90 euro)も姿を現します!これは1kg限定。大きいほど、中のふわふわ部分の量が多くて私は嬉しいですけどね〜^^

1年以上
この日はみんなで集まって、わいわい仮装パーティー!

PANALLET(パナイエット)というまんまるのボール状の甘いお菓子に松の実をデコレーションしたものを食べる習慣があります。
24 unidades 24,20 €


それにあわせてスィートワインはいかがですか?
上品な甘さ控えめなワインから、教会で行われるミサで飲まれる「ミサのワイン」もあります。
Sinols Moscatell 2007 8,50 €

私、実は甘いワインってあんまり飲まないです。デザートと合わせると、もう甘甘で苦しくなっちゃう方ですが、こちらの人は甘いの大好きですよね。

デザートなんかも、日本じゃ甘さ控えめな上品な味が人気と思いますが、こちらでは、甘ったるすぎて肝心の素材の味が消されちゃうようなものもあります。

なので、私はこちらのデザートは一口食べると、も〜、十分。あとは、みんなで勝手に分け合って食べちゃって。

そんな甘いのが苦手なかたにおすすめなのが、本場ドイツの「アイスワイン
よくこちらのボデガ(ワイナリー)さんが真似して作ってるアイスワインとは一線を画してくださいね。

こちらの真似して作ってる方は、ぶどうを収穫後「冷凍庫」にいれて凍らします。ドイツの本物のアイスワインは、自然に気候が厳しくなってくると霜が降りて、ぶどうが凍るという「本当の製造過程」を経て作られたものです。

なので、お値段の方もこちらのワイナリーさんが作っているものと比べると、若干高めです。

よく「アイスワイン」をお求めのお客様はこの違いをしらなかったり、ドイツのアイスワインが本場だと知らない方もおられます。

最近の動きとして、こちらで真似して作っているワイナリーの”アイスワイン”は”本当のアイスワイン”と区別されるべきだということで、「アイスワイン」の名前を名乗れなくなります。

カナダの方も良い「アイスワイン」(本物の方の)作ってますね。

Delicatessen News ケータリング及びグルメ食材のオンラインショッピング

作者:ハマダ

Delicatessen News ケータリング及びグルメ食材のオンラインショッピング

ハモンきり職人、ハマダの見たもの聞いたもの、味わったもの

7日 11 総合 581 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ハマダさん新着記事



過去記事

ハマダさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
3位 スペイン庶民生活@バレンシア
4位 新 バルセロナ・グルメ そこまで食べて委員会 
5位 多文化共生 多言語共生 国際交流
6位 QuiroGena@Barcelona
7位 POCO A POCO ゆったり バルセロナ子育て日記
8位 SHS APARTMENT & HOTEL IN BARCELONA


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録