Welcome!

QuiroGena@Barcelona

1年以上

果物屋さん、八百屋さんにいちごが出回り始めました。ハウス栽培だと思いますが、スペインのいちごは、大きさがまちまち、よく見ないと腐っている等々ありますが、やはり店頭で色鮮やかで可愛いいちごさんを見ると買って帰りたくなりますね。

さてと、私はいちごはそのまま食べるのが好きです。日本に住んでいた時も、練乳の誘惑にはあまり負けたことはありませんでした。もっとも、いちご狩りは別ですが。

そういえば話は脱線しますが(既にQuiroGenaは関係ないし)、以前にスペイン人を日本のいちご狩りに連れて行ったことがあります。

「よし、今日はいちご狩りへ行くよ」

「何で僕がいちごを収穫しなくちゃいけないんだ。日本に休暇で来てまで労働か? しかも重労働じゃないか。」

「いやいや、自分で収穫して食べるんだよ」

「今朝食摂ったばかりなのに、君の頭は大丈夫か」

と散々文句を言いながらついてきましたが、私と、一緒に来ていた母の練乳を奪い、ビニールハウスを完全制覇しました。あな恐ろし。徹、底、的
、に手、足〜♪という歌を思い出します。(最後にもう一つ徹底的エピソードを記しましょう)

ま、いちご狩りはないんでしょうね、スペインには。

さて、スペインでよく見かけるいちごの食べ方をご紹介しましょう。

1)生クリームと一緒に食べる。

ちょっとした豪華なデザート感覚ですね。わがままですが、きちんと泡立てた生クリームがいいですね。スプレーでピューッと出てくるやつはいまいち好きじゃありません。また話が飛びますが、私が昔よくいちごと一緒に食べたのは、サラマンカという学生の町にある、Gilというお店の生クリームです。知り合いが生クリームだけをパックに入れて買ってきて、大量に冷凍保存していました。どんだけ、このお店の生クリームが好きなんだ!と思いましたが、正直スイーツ面ではあまり発展していると言えないスペイン、その中で確かにこのお店の生クリーム、それからケーキやカナッペ類はなかなか美味しかったです。懐かしい!

折角ですから、お店のページを載せましょう。サラマンカは私の大好きな町の一つです。

Confitería Gil
http://www.confiteriagil.es/tienda/

2)オレンジジュースと一緒に食べる。

この食べ方はスペインで初めて見かけました。何せこの季節、オレンジが美味しいです。本当に美味しいです。何度も言いたくなりますが、スペインのオレンジは美味しいです。よく思います。「この人たちはイベリコ豚とオレンジとオリーブだけ作ってりゃいいんじゃない?(下戸です)」と。乱暴発言ごめんなさい。

オレンジを絞って、そこにいちごを浸して、食べるんですね。これはなかなか美味しいです。オレンジも買ったので今日はいちごを絞ったオレンジに浸して食べました。

img_20160227_215758.jpg

 

何だかレトロな写真ですね。まるで30年ぐらい前の料理本の写真のようです。ま、いいです。美味しいんです。

実は、もう一枚いちご&オレンジさんを朝食時に撮っていたんです。こちらは色が鮮やかですが、「ちょっといちごの切り方が適当過ぎだな」と思ったんです。でも構いません、載せましょう。

img_20160226_222807824.jpg

アハ体験によると、朝よりもお昼のいちごの量が多かった様に見えますが、違います!朝の器はラーメンどんぶりです!茂木先生もびっくり。

それにしても、オレンジを絞ってジュースにして頂けるっていうのは、贅沢ですね。オレンジの値段ですが、今某スーパーのページを見てみました。1Kg1ユーロ弱と考えて頂ければよいと思います。日本に比べたら安いですね。

まだまだ、オレンジが美味しい季節。楽しみたいです。できれば毎朝ちょっと余裕を持って起きて、オレンジジュースを飲みたいなあ。

追記の徹底的に手足エピソードです。こちらに住む日本人の友人から聞いた話ですが、彼女のアパートのシェアメイトがスポーツクラブに入会したそうです。で、初日にそのシェアメイトから「全部のマシーンを試したところ、歩けなくなってしまった」と電話がかかってきたそうです(爆)

いやあ、もとを取らねばってことなのか、ドン・キホーテ的な猪突猛進スピリットなのか、パブロフの犬なのかは不明です。でもスペイン人らしいエピソードだなと思いました。


1年以上

今日は、真面目なお話です。

いやあ、今週は3日間、あるソフトウエアの研修を受けていました。偉いです、休暇を取って行きました。何せ転職希望者ですから。

敬愛なるスペイン人の皆様と一緒に授業を受けたことのある方はご存知でしょう。彼らは先生の話の腰を折る、折る、先生が話していると結論を先に言ってしまう、何でもかんでも口を挟む。最初は「知っているなら来るなよ」と思うんですが、5分後の感想「知らないなら、知ったかぶって口挟むなよ」です(笑)私は絶対にスペインで先生にはなれないですねえ。無理、無理。怒って黒板をぶち割りそうです。

私が参加したのはソフトウエアの使い方の講習のはずなのに、なぜかITエンジニアが混じっている!そして重箱の隅をつつくようなどうでもいい質問を連発!そんな状態が3日間、1日10時間位続いたので、すっかり疲れ果て&もしや頭良くなったんでねえの?と思っている所です。真面目な事を書くなら今だ!

それはさておき、お陰さまで最近はQuiroGenaにも日本のお客様が増えてまいりました。ご来店下さり、誠にありがとうございます。私は大変嬉しいです。オーナーのGenadiさんもとても喜んでいます。そこでオーナーと話をしていて、お知らせした方が良いと思った点を2つほど書きたいと思います。

1.施術の際は、女性の場合は服と下着(含むブラジャー)を脱いで頂いております。

2.特に強いご希望の施術がない限り、オーナーは、凝っている場所、筋肉収縮がないかをサッと確認しまして、まず早急に対処すべき箇所を中心に施術のご提案をさせて頂きたいと思います

1.に関してですが、私自身もバルセロナでは何軒もカイロ整体マッサージ店に行ったことがありますが、ブラジャーのホックを外すのみ、あるいは必要な時にセラピストがホックを外すお店が殆どです。

私も最初に当店の施術を受けた時は戸惑いました。この点についてはオーナーにも説明しました。が、オーナーは20年近くずっとカイロプラクティック業を営んでいるプロです。彼の意見はブラジャーは施術を妨げるものであると一貫しています。まあ、Spaのリラックスマッサージもブラジャーは外しますよね?(私は笑い転げるので、今まで2回しか行ったことがありませんが)

施術の際は大きなタオルで全身を覆いますので、皆さまが不快な思いをされることはございません。現在は、私もオーナーの意見に同意です。

2. に関してですが、「絶対にこれをやってもらうんだ」というご希望をお持ちでない限り、プロの手に任せるのが一番ではないかと存じます。やはりどこかに弊害が あれば、体が不調になるのは当然です。皆様のご来店の目的が、日々を元気に楽しく過ごすための体のメンテナンスであれば、オーナーにお任せすることをご提案申し上げます。もちろん、オーナーがお客様のご希望を拒否したり、無理に他のサービスを施すことはございません。

決して「出直してこーい!」的な名物頑固セラ ピストとかではなく、大抵の場合、皆様どこかに収縮や歪みがあり、最終的にはその個所を中心に施術する展開になるからです。1時間という限られた時間 と、皆様から頂戴する代金を最大限に生かしたいというオーナーの願いです。本当にマッサージと釣りに関しては真面目な人です。他はかなり適当です(笑)だから、私がブログを書く羽目に・・・いや、何でもありません。

差し出がましいことと存じますが、上記2をお勧めいたします。

もっとも、私も脚がむくむ→リンパドレナージュ! と思ってQuiroGenaに来ましたが、Genadiさんに「背中と首が大変だよ」と指摘を受け結局カイロの施術を受けることにし、QuiroGenaに通い始めたという経過があります。

もう2月も終わりです。
皆様どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ!


1年以上


バルでお会計の時、ふと自分がいた席を見て、「糞」の文字を発見。

image

image

いやあ、漢字で書かれるとリアリティがありますね。米が異なったものになっちゃいましたね。日本酒ももう少しで同じ字を採用するところでした。

そう考えると背景の色はものすごく当たっている。何か匂いすら感じます。さすがアロマテラピー学習者。

いや、アロマテラピー関係ねえって笑


1年以上


最初に説明致しましょう。私、基本暗くてしつこい面倒な人間です。自覚しているだけ良心的です(自己PR)。

さて、近所のバルで一ヶ月ぐらい前から店舗を改装しているようです。が、私には改装の旨を伝える張り紙が引っかかりました。ピンぼけしてますが、「改装中!あなたのために作業してます」

引っかかりまくります。シャッターに向かって難癖をつけたくなる位でした(笑)

よく人に「スペインは好きか?」と聞かれると、私は即答できません。やはりその国、住む場所の印象は、体験内容、周囲の環境によって大幅に左右されますよね。正直嫌な事が日常的に腐るほど降りかかってきます。良い事もありましたが、今までの10年間悪い事の方が多かったと思うんです。だから色々な思いが込み上がってきて、申し訳ないけれど「その質問には答えられない」と言ってしまいます。あなたのことは好きだけど、色々あったね、お互い!ん?これじゃ別れ話か。

ま、そんなこんなでシャッターに言いがかりをつけたくなる日もあるんですわ。

img_20160216_195705012.jpg

改装中はあなたのため??いや、それは君の都合だろう。お店の不具合か、老朽化か、マーケティングか、それは分からないけれど、私達要因じゃあないだろう。日本だったら、「改装中につき、ご迷惑をおかけしております」とかそういう張り紙が来ますよね?すごいなあ。

こちらで仕事をしていて、未だに難しい事。それは一体いつ「ごめんなさい」という言葉を使えばいいのかその匙加減が分からないんです。同僚の電話でのやり取りなどを聞いていると「え?そこで謝らない?なぜかお客さんのせい?」と思ってしまう事が多々あります。日本だったらこれは部長が菓子折り持って社員と一緒に謝りに行くレベルじゃないのかな?みたいな場面も、「ごめんなさい」の言葉を一言も使わず、収まってしまう事があります。

まあ、確かに日本人は一般的に「すみません」を多用しますよね。私もついつい「ありがとう」の代わりに「すみません」と言ったり、両方を一緒に言ったりすることがあります。さすがにスペイン語で「ありがとう」と「すみません」を同義で使う事はありませんが、「すみません」をよく使っているなとは自覚しています。これはやはり、西洋人から見るとネガティブなイメージを与えるようですね。残念ながら、「そういう文化なんだから」と考える人は少ないですし、そう分かっていても、「やっぱネガティブだよな」と思う人が大半なようです。

先日、仕事で日本の人を迎えることがありました。私の会社は日本に支部があるのです。ま、私の上司が彼らを誰にも紹介しなかったせいもあるのですが、彼らは私の同僚が名前を名乗って挨拶したにも関わらず無反応でした。私は、「いやあ、ハロー、マイネームイズ〇〇」位頑張って言ってくれよと思いましたが、緊張、疲れ、恥ずかしいという3点による反応だと理解しました。が、同僚はカンカンに怒っていました。「日本人だとは分かるが、何て感じの悪い奴らだ」

いやあ、ちょっと話がずれてきましたが、皆さん、外国の人は日本人の英語が完璧でないことを知っています。私たちが大人しい事も知っています。ただし、英語が苦手でも、スペイン語が分からなくても、外国の人を見ると緊張しても何か言葉を発しましょう。相手が手を強く握ってきたらニッコリして強く握り返しましょう。とりあえず目を見ましょう。数秒の努力です。彼らは私たちがどんなにシャイだろうが、自分の立場がよく分からないので、自ら挨拶して良いかどうか分からないとか、そんなことは知ったこっちゃありません。一人の人間として、自分と同じ西洋人の感覚を私たちに当てはめ(押し付け)ています。

とりあえず、堂々として、大きい声で挨拶しておけばいいんです。外国人でもシャイで赤面する人、思わず言葉が詰まる人は結構います。だから大丈夫。何でこの人自分の家族の事を、初対面の私にベラベラ話すんだろう?そう思っても、適当に相槌を打って、適当なことを言い返せばいいんです。そうしないと、いくら善良な意図を持っていようが何だろうが、相手は汲み取ってくれません。嫌われます。私にもそういう事が起きましたので、身を持って知っています。良い人でも、理解はされません。一度ネガティブなイメージを与えてしまうと挽回は難しいです。体験済みです。

あー、やっぱりこんなときは岡村ちゃんです。

そう、ベランダ立って胸を張れです。そう、やっぱり「君のために改装してんだよ」でいいんですね。

そういや、私のピソ(アパート)にはベランダがあったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


QuiroGena@Barcelona

作者:Cabbage

QuiroGena@Barcelona

サグラダ・ファミリアすぐそばのQuiroGena Masajes Terapéuticosの紹介と当センターの協力者、Cabbageのバルセロナでの毎日に関する日記です。

7日 1431 総合 928 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Cabbageさん新着記事



過去記事

Cabbageさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 QuiroGena@Barcelona
3位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
4位 食べて歩いて遊んでスペイン!
5位 SHS APARTMENT & HOTEL IN BARCELONA
6位 スペイン 気になる話
7位 スペイン庶民生活@バレンシア
8位 Barcelona+++Tanken


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録