Welcome!

QuiroGena@Barcelona

1年以上


2月ももう終わりです。
今週の予約状況ですが、今の所、比較的融通が利きます。
ただし夕方5時以降は予約が殺到しますし、状況はすぐに変わりますのでお早めにご検討、ご連絡下さいませ。
(TEL687 879 399 / 93 450 77 87)
営業時間は、月―金 9時-14時、16時-21時
午前の最後の予約時間は13時、夜は20時です。

HP右上のボタンCITAからもご予約は可能ですが、お返事にお時間を頂いておりますので、電話でのご予約をお勧めします。

http://quirogena.es/

日本語でのご照会はquirogena@outlook.esまでお願い致します。

では皆様、良い一週間をお迎えくださいませ。


1年以上


このPranaromのケモタイプエッセンシャルオイルの冊子、改訂版も出たし、結構ボロボロになってしまったけど、私にとっては大事な一冊です。

image

この冊子に出ていた、歯磨き時に使用するとかなり良いエッセンシャルオイルをご紹介します。

歯磨き粉の上に、ティーツリーオイル(Melaleuca alternifolia)とレモン(Citrus limon)のエッセンシャルオイルを1滴ずつ垂らすと、抗菌効果とホワイトニング効果があるとちょろっと書いてありました。(レモンは皮を圧搾しているので、正確にはエッセンスと呼ばれます。)

確かに歯を磨いてみると、歯がツルツルなのが分かります。ホワイトニング効果はレモンだと思いますけれど、これは毎日続けてみないと分からないかもしれません。週に2回位夜の歯磨きでやっていますが、私はコーヒーや紅茶をよく飲みので、いくらホワイトニング効果があっても、上から茶色い絵の具を塗っているようなものですよね。

すごい!と思ったのは、朝起きた時。口の中は全くネバネバ感や口臭がありません。寝ている間に、エッセンシャルオイルさん達がしっかり口の中をガードしてくれているんですね。

ティーツリーオイルだけでも、起床時の口の中の爽やかさは同じです。が、レモンが入ったほうが味が和らぎます。
ティーツリーオイルがない時は前述のサロ(Cinnamosma fragrans)やラヴィンツァラ(Cinnamomum camphora)を代わりに使っても良いと思います。
image

でも、私が最初に教わったアロマテラピーの先生だったら「何で、天然のエッセンシャルオイルをそんな化学物資(歯磨き粉)に混ぜるのー!」と怒りそうです。

便利なエッセンシャルオイル活用法ですが、確かに先生一理あり。

そこで、歯磨き粉の代用品を考え実践してみました。

重曹は強すぎると思うので消去。重曹だけなら良いかもしれませんが、これまたパワーいっぱいのエッセンシャルオイルとのコンビは口の粘膜を痛めそうです。

フレンチグリーンクレー(って言うんでしょうか。スペイン語ではarcilla verdeという、薄い緑色の粘土が粉になったものです)を濡らした歯ブラシの上に載せ、そこに先のエッセンシャルオイルを垂らす。

あるいは

エキストラバージンココナッツオイルを使う。今の季節は固まっているから使いやすいですね。最初はこれで歯ブを磨くのは「まずい!!もう一回!」って感じでしたが、すぐに慣れました。

どちらで試してもなかなかいい感じでした。暖かくなってココナッツオイルが液体になったら、フレンチグリーンクレーとココナッツオイルを混ぜてもいいかも知れないでね。

それにしても、レモンとティーツリーオイルがあれば、もう他のエッセンシャルオイルはいらないんじゃないかって思ってしまう位、両者とも何かと役に立ちますね。ここに本当はラヴェンダーを入れなくてはいけないのでしょうが、私はラヴェンダーの(Lavandula officinalis)香りが微妙に好きになれません。一方、苦手だったゼラニウム(Pelargonium x asperum)の香りは最近好きになってきました。

スペイン人にとっては、ラヴェンダーは好き嫌いがはっきり分かれるエッセンシャルオイルにのようです。

好きな人は、やはり小さい時の思い出なんかと結びついていて、苦手な人はおばあちゃんの家でいつもこの匂いがプンプンしていたので、何か古めかし感じがしてしまうとか、もう嗅ぎすぎたといったケースが多いようです。

私の場合は、何か強引な香りのような気がして、有無を言わさず、「私がTHEエッセンシャルオイルよ。さあ、嗅ぎなさい」と言っているようで、こちとら怯みます。女王様。完全な妄想です笑

ただメーカーやロット番号によってかなり差があるようですしねえ。またブレンドすると素敵な香りになりますしね。女王様格下げ( ・ั﹏・ั)


1年以上

果物屋さん、八百屋さんにいちごが出回り始めました。ハウス栽培だと思いますが、スペインのいちごは、大きさがまちまち、よく見ないと腐っている等々ありますが、やはり店頭で色鮮やかで可愛いいちごさんを見ると買って帰りたくなりますね。

さてと、私はいちごはそのまま食べるのが好きです。日本に住んでいた時も、練乳の誘惑にはあまり負けたことはありませんでした。もっとも、いちご狩りは別ですが。

そういえば話は脱線しますが(既にQuiroGenaは関係ないし)、以前にスペイン人を日本のいちご狩りに連れて行ったことがあります。

「よし、今日はいちご狩りへ行くよ」

「何で僕がいちごを収穫しなくちゃいけないんだ。日本に休暇で来てまで労働か? しかも重労働じゃないか。」

「いやいや、自分で収穫して食べるんだよ」

「今朝食摂ったばかりなのに、君の頭は大丈夫か」

と散々文句を言いながらついてきましたが、私と、一緒に来ていた母の練乳を奪い、ビニールハウスを完全制覇しました。あな恐ろし。徹、底、的
、に手、足〜♪という歌を思い出します。(最後にもう一つ徹底的エピソードを記しましょう)

ま、いちご狩りはないんでしょうね、スペインには。

さて、スペインでよく見かけるいちごの食べ方をご紹介しましょう。

1)生クリームと一緒に食べる。

ちょっとした豪華なデザート感覚ですね。わがままですが、きちんと泡立てた生クリームがいいですね。スプレーでピューッと出てくるやつはいまいち好きじゃありません。また話が飛びますが、私が昔よくいちごと一緒に食べたのは、サラマンカという学生の町にある、Gilというお店の生クリームです。知り合いが生クリームだけをパックに入れて買ってきて、大量に冷凍保存していました。どんだけ、このお店の生クリームが好きなんだ!と思いましたが、正直スイーツ面ではあまり発展していると言えないスペイン、その中で確かにこのお店の生クリーム、それからケーキやカナッペ類はなかなか美味しかったです。懐かしい!

折角ですから、お店のページを載せましょう。サラマンカは私の大好きな町の一つです。

Confitería Gil
http://www.confiteriagil.es/tienda/

2)オレンジジュースと一緒に食べる。

この食べ方はスペインで初めて見かけました。何せこの季節、オレンジが美味しいです。本当に美味しいです。何度も言いたくなりますが、スペインのオレンジは美味しいです。よく思います。「この人たちはイベリコ豚とオレンジとオリーブだけ作ってりゃいいんじゃない?(下戸です)」と。乱暴発言ごめんなさい。

オレンジを絞って、そこにいちごを浸して、食べるんですね。これはなかなか美味しいです。オレンジも買ったので今日はいちごを絞ったオレンジに浸して食べました。

img_20160227_215758.jpg

 

何だかレトロな写真ですね。まるで30年ぐらい前の料理本の写真のようです。ま、いいです。美味しいんです。

実は、もう一枚いちご&オレンジさんを朝食時に撮っていたんです。こちらは色が鮮やかですが、「ちょっといちごの切り方が適当過ぎだな」と思ったんです。でも構いません、載せましょう。

img_20160226_222807824.jpg

アハ体験によると、朝よりもお昼のいちごの量が多かった様に見えますが、違います!朝の器はラーメンどんぶりです!茂木先生もびっくり。

それにしても、オレンジを絞ってジュースにして頂けるっていうのは、贅沢ですね。オレンジの値段ですが、今某スーパーのページを見てみました。1Kg1ユーロ弱と考えて頂ければよいと思います。日本に比べたら安いですね。

まだまだ、オレンジが美味しい季節。楽しみたいです。できれば毎朝ちょっと余裕を持って起きて、オレンジジュースを飲みたいなあ。

追記の徹底的に手足エピソードです。こちらに住む日本人の友人から聞いた話ですが、彼女のアパートのシェアメイトがスポーツクラブに入会したそうです。で、初日にそのシェアメイトから「全部のマシーンを試したところ、歩けなくなってしまった」と電話がかかってきたそうです(爆)

いやあ、もとを取らねばってことなのか、ドン・キホーテ的な猪突猛進スピリットなのか、パブロフの犬なのかは不明です。でもスペイン人らしいエピソードだなと思いました。


1年以上

今日は、真面目なお話です。

いやあ、今週は3日間、あるソフトウエアの研修を受けていました。偉いです、休暇を取って行きました。何せ転職希望者ですから。

敬愛なるスペイン人の皆様と一緒に授業を受けたことのある方はご存知でしょう。彼らは先生の話の腰を折る、折る、先生が話していると結論を先に言ってしまう、何でもかんでも口を挟む。最初は「知っているなら来るなよ」と思うんですが、5分後の感想「知らないなら、知ったかぶって口挟むなよ」です(笑)私は絶対にスペインで先生にはなれないですねえ。無理、無理。怒って黒板をぶち割りそうです。

私が参加したのはソフトウエアの使い方の講習のはずなのに、なぜかITエンジニアが混じっている!そして重箱の隅をつつくようなどうでもいい質問を連発!そんな状態が3日間、1日10時間位続いたので、すっかり疲れ果て&もしや頭良くなったんでねえの?と思っている所です。真面目な事を書くなら今だ!

それはさておき、お陰さまで最近はQuiroGenaにも日本のお客様が増えてまいりました。ご来店下さり、誠にありがとうございます。私は大変嬉しいです。オーナーのGenadiさんもとても喜んでいます。そこでオーナーと話をしていて、お知らせした方が良いと思った点を2つほど書きたいと思います。

1.施術の際は、女性の場合は服と下着(含むブラジャー)を脱いで頂いております。

2.特に強いご希望の施術がない限り、オーナーは、凝っている場所、筋肉収縮がないかをサッと確認しまして、まず早急に対処すべき箇所を中心に施術のご提案をさせて頂きたいと思います

1.に関してですが、私自身もバルセロナでは何軒もカイロ整体マッサージ店に行ったことがありますが、ブラジャーのホックを外すのみ、あるいは必要な時にセラピストがホックを外すお店が殆どです。

私も最初に当店の施術を受けた時は戸惑いました。この点についてはオーナーにも説明しました。が、オーナーは20年近くずっとカイロプラクティック業を営んでいるプロです。彼の意見はブラジャーは施術を妨げるものであると一貫しています。まあ、Spaのリラックスマッサージもブラジャーは外しますよね?(私は笑い転げるので、今まで2回しか行ったことがありませんが)

施術の際は大きなタオルで全身を覆いますので、皆さまが不快な思いをされることはございません。現在は、私もオーナーの意見に同意です。

2. に関してですが、「絶対にこれをやってもらうんだ」というご希望をお持ちでない限り、プロの手に任せるのが一番ではないかと存じます。やはりどこかに弊害が あれば、体が不調になるのは当然です。皆様のご来店の目的が、日々を元気に楽しく過ごすための体のメンテナンスであれば、オーナーにお任せすることをご提案申し上げます。もちろん、オーナーがお客様のご希望を拒否したり、無理に他のサービスを施すことはございません。

決して「出直してこーい!」的な名物頑固セラ ピストとかではなく、大抵の場合、皆様どこかに収縮や歪みがあり、最終的にはその個所を中心に施術する展開になるからです。1時間という限られた時間 と、皆様から頂戴する代金を最大限に生かしたいというオーナーの願いです。本当にマッサージと釣りに関しては真面目な人です。他はかなり適当です(笑)だから、私がブログを書く羽目に・・・いや、何でもありません。

差し出がましいことと存じますが、上記2をお勧めいたします。

もっとも、私も脚がむくむ→リンパドレナージュ! と思ってQuiroGenaに来ましたが、Genadiさんに「背中と首が大変だよ」と指摘を受け結局カイロの施術を受けることにし、QuiroGenaに通い始めたという経過があります。

もう2月も終わりです。
皆様どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ!


1年以上


バルでお会計の時、ふと自分がいた席を見て、「糞」の文字を発見。

image

image

いやあ、漢字で書かれるとリアリティがありますね。米が異なったものになっちゃいましたね。日本酒ももう少しで同じ字を採用するところでした。

そう考えると背景の色はものすごく当たっている。何か匂いすら感じます。さすがアロマテラピー学習者。

いや、アロマテラピー関係ねえって笑


QuiroGena@Barcelona

作者:Cabbage

QuiroGena@Barcelona

サグラダ・ファミリアすぐそばのQuiroGena Masajes Terapéuticosの紹介と当センターの協力者、Cabbageのバルセロナでの毎日に関する日記です。

7日 727 総合 959 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Cabbageさん新着記事



過去記事

Cabbageさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
3位 スペイン庶民生活@バレンシア
4位 食べて歩いて遊んでスペイン!
5位 QuiroGena@Barcelona
6位 多文化共生 多言語共生 国際交流
7位 うきうきバルセロナ
8位 スペイン 気になる話


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録