Welcome!

QuiroGena@Barcelona

1年以上

 

いや-、もう3月になりました。日本では年度末、桜が待ち遠しい季節ですね。
こちらではあまりそういうセンチメンタルな感覚も、年度末の落ち着かない気分もありませんが、アーモンドの花を見たりすると、しんみりしてしまいますね。

さて、今週後半の予約状況ですが、明日3月3日(木)は午前中と午後の早い時間に少し空きがあります。4日(金)は現時点では午後6時と7時が空いて

います。


金曜の夕方は人気がある時間帯ですので、すぐに埋まってしまうと思います。
お早目のご予約(687 879 399 / 93 450 77 87)をお勧めいたします。

スペインでも桜が見れる場所があるのをご存知ですか?さくらんぼうの産地に行くと、桜が見れます。私は昔エクストレマドゥラのValle del Jerteへ桜を見に行ったことがあります。読み方は
バイエ・デ・ヘルテ、Valleというのは谷という意味ですので、ヘルテ谷と言ったところでしょうか。ここは有名なさくらんぼうの産地です。

私は桜には詳しくありませんが、サクランボウを収穫する桜の木は比較的葉が早く出るものなのでしょうか?いわゆる葉桜の状態でしたが、私は桜の葉の薄くて上品な緑色も好きですので、山の中の桜畑を堪能致しました。

こんなビデオを発見しました。

 

また、バルセロナ近郊ではSant Climent de Llobregatという町で桜を堪能することができます。毎年桜の時期にはウォーキングツアーをやっているんです。去年参加したかったんですが、都合が付きませんでした。そうです、去年は桜の時期に里帰りしたのでした。

Sant Climent de Llobregatの市役所のページに、去年のウォーキングツアーの様子が出ていますが、すっかりHanamiという言葉も定着しているようですね。何だかうれしいです。
http://www.santclimentdellobregat.cat/index.php?tipus=5&info=2239

今年はいつ開催でしょうか?是非参加したいです。

今ググって見ましたが、ブルガリアの国花はやはり薔薇なんですね。私が初めてQuiroGenaへ行った日、オーナーのGenadiさんの名刺を見て、私はGenadiさんをロシア人だと思い込んでいました。「いやあ、僕はブルガリア人だよ」という話になり「ブルガリアといえば、カザンラクの薔薇祭りを見に行きたいんです」と言ったら、「何で、君はそんな事を知っているんだ。日本人はすごいなあ」と感動していました。いやあ、日本のテレビ番組はですねえ、外国、旅行、グルメの話題であふれているんですよ。トラキアの黄金がと言ったら、私は歴史学者かと思われました(笑)

Genadiさん曰く、ブルガリア人にとってカザンラクは、兵器工場で有名な町だそうです。兵器工場と薔薇の町、カザンラク。ん?ジュリー?片手にピストル こころに花束♪ ってありましたよね。

全然、お店の予約と関係のない方向に話が進んでしまいましたので、そろそろ撤収します!

木、金のご予約はお早めにどうぞ!

 


1年以上

実はQuiroGenaはイベント出張のベテランです。(えっへん!)オーナーのGenadiさんの以前のお店の時代からカウントすると、自分でも覚えていないほどこなしているようです。
どうでもいいですが、えっへんって言葉使いますよね?あまり使わないにしても存在しますよね?(ちょっと必死)いやあ、書いてみたものの、すごい違和感があります。カタカナで書いたらドイツ語みたいです。ああ、それはシャウエッセンのせいか。

今回、私Cabbageが手伝うにあたり、多くのイベント出張写真を見て、出張履歴にないものを幾つか拾い上げましたが、ありすぎて全部は無理でした。

私はイベントや展示会、シンポジウムの雰囲気が好きです。あの人工的な雰囲気、明らかに薄くて悪い空気、薄っぺらくて温かみのないスタンドやミーティングルームの壁、一つの目的で集まる人々、遠くから来てお疲れ、あるいは昨日接待で遅くまで飲み過ぎちゃった皆さん、それぞれがイケイケ状態でテンパって自分の役目をこなしているのが良いですね。

同様の理由で空港も好きです。無機質で人工的な建造物の中に同じ目的で色々な人が集まり、中の人々はそれぞれ様々なドラマを抱えている。面白いじゃあないですか。

空港最高! 展示会上等!

私も仕事で毎年ドイツのとある展示会に行くんですが、あのハレの雰囲気に気分が大きくオンになります。私はスーツで行きますが、やはり展示会に参加する女性陣は華やかです。朝から晩までノンストップ。疲れますね。ホテルで湯船につかりたいところですが、シャワーしかない!ヨーロッパのビジネスホテルってそんなもんですかね。

去年はわざわざ湯たんぽ持参でドイツへ行き、ホテルの部屋にまんまと置いてきてしまいました。今年はダウンジャケットで行くかどうか迷い、結局普通のコートで行きましたが、月末のドイツなのに暖かくて雨が降っていました。

QuiroGenaのスタッフ、イレギュラーな協力者、そしてオーナーのGenadiさんも展示会やイベントの雰囲気が好きらしいです。やはり普段お店にずっといる立場上、外に出られる出張は嬉しいのかもしれません。

イベント出張におけるQuiroGenaの強み:

イベントでの出張サービスは、やはり場数を踏んでいないとスムースに事が運びません。その点QuiroGenaはイベント、展示会、学会などへの参加に慣れています。マッサージベッド、マッサージチェアなど必要なものはこちらで用意して持って行きますし、1回のマッサージにかける時間もクライアントのご希望通りに調整いたします。

スタッフは、スペイン語、カタラン語、英語を話します。またGenadiさんはロシア語とブルガリア語もできるので、世界各国から人があつまるシンポジウムや展示会ではお客様とのコミュニケーションも円滑に取れます。

イベントでの出張マッサージの利点

展示会の場合は、やはり皆様のスタンドへの人の流れを作ることができます。また、お客様へのおもてなしに最適です。健康に気を遣う会社=ポジティブなイメージを与えることもできます。

パーティー、屋外イベントでは、招待客を飽きさせないツールとして活用できます。

会社でのチームワークイベントでは、社員の皆様の普段のご活躍にマッサージで報いるとができます。

法人、個人の皆様、是非ご検討下さいませ。

お見積りはお気軽に genadi@quirogena.es 日本語をご希望の場合は quirogena@outlook.esまでご連絡ください。
ここに分かっている範囲でのQuiroGena及びGenadiさんのイベント等出張歴を掲載いたします。

EVENTO

個人的に、2007年7月が気になります。はい、とても気になります。今度GenadiさんにRicky Martinについて聞きましょう。

それから昨年の夏はHilton Diagonar Marの屋上PuroSpaに入っていました。

c69800b75c21e7ccf03f9b8a03e899cb

この女性は恐らく有名なブロガーと思われます。Cristina Brondoさんと仰るようです。
写真の出典リンクはこちらです。

http://blogs.cosmohispano.com/estilo-y-salud-con-cristina-brondo/barcelona-a-vista-de-pajaro/

IMG_0465.jpg

これはお医者さんの集まる学会での出張サービス。

riba 016.jpg

屋外のパーティーへの出張。
Genadiさん、若いですね。

 

IMG_6057.JPG

これはSagrada Familiaから程遠くない、Antiga Fàbrica Estrella Damm (Estrella Dammというビールの銘柄の旧工場跡です。現在はコンサートなどのイベントに使われていますが蒸留装置も残っていて、最近は中止しているみたいですが、見学を受け付けていたようです。復活してほしい!

リンクで建物をご覧になると、星がついているのが分かると思います。この星、回るんですよ。でも適当な回転具合なので、気になってDammさんにメールを送りました。「星はどのようなメカニズムで回転していますか?手動ですか?」と。スルーされました。そこでFBで再度挑戦。FBでは5分で返信が来ました。「モーターがついていて自動で動いています」。

今はそういう時代ですよね。ソーシャルメディアのコミュニティマネージャーさんは反応が早い。そして、自動ってことはモーターが壊れかけているのかな?回転の速度は全く予想不可能です。

IMG_4151.JPG

この方は出張マッサージでよく提携しているGabrielさんです。
目力が半端ありません(笑) シベリアンハスキーかと思いました。手の動きも超高速でしょうか?そしてこれはかの有名なMWC
(Mobile World Congress)です。

以上 Genadiさんの「僕出張できるもん」 の巻 でした。

 

 


1年以上


閉じこもり気味な私がたまに出かける素敵な場所があります。

その秘密基地は、バルセロナのBornという旧市街にあります。眠くなってきたので(笑)Born地区については今度説明しましょう。

私が行くのは、陶器を作っている工房です。そこで私は月に1回位、陶器に絵を描いています。

とあるタイル陶芸家の方のご紹介で行ってみたところ、何だか工房の雰囲気に魅了されてしまいました。職人さんや、アーティストの方からすれば普通の工房なのでしょうが、私にとっては非日常。何もかもが新しい発見で、何だか小さい頃に、物置スペースとなっていた苔蒸した裏庭を探検しに行った時の事を思い出します。(特に外に設置されていて、きちんと扉が閉まらない無愛想なトイレに行く時に!)

私は不器用で絵心もありませんが、ありゃあ、大失敗と思った時でも、釜から出てくると綺麗にポップに出来上がってきます。やはり自分で描いたものだから愛着があるのかも。

それから私が大好きなのは、子どもたちの作品。可愛くて大胆で自由です。
あまり子どもたちと一緒に絵付けはしたくありませんが(笑)
見てください!!超可愛いですよね?

image

image

近いうちに私の作品たちをご紹介しましょう。(もっと眠くなってきました)

さて、先日はちょっと元気のない私に気がついたのか、主催者の陶芸家の方が、私だけを特別に呼んで絵付けさせてくださいました。ありがとうございます(涙)

ちゃっかりと工房にQuiroGenaの広告も貼ってきました。お洒落なポスターなので、工房のイメージを損なわないかな?右下の黒いやつです。私が作成しました。

image

そう、どうでもいい情報ですが、Genadiさんは絵が上手です。色々と器用な方です。しかし時間がないので絵を描く余裕がないそうです。ここ数年は夏休みを取っていないみたいです。クリスマスなんかも普通にカレンダー通り、年末ギリギリまで働いています。祝日があると「働けない!」と怒る時もあります。事業主は大変ですね。
今年の夏はお休みできるのでしょうか?

image

こんな形のお皿たちを選びました。
友達シリーズと銘打って色を塗りました。

image

これは焼く前のお皿の写真

そして今日焼き上がった作品を受け取
りました。

image

いやあ、可愛らしいじゃあありませんか。友達シリーズなのは、お互いの形が描かれているからです。三角の上にはオリーブ形、オリーブ型の上には三角が。どうでもいいですけどね。

去年は作っては人にプレゼントしていたので、今年は自分のために作っています。

そう、今年の目標は自分本位。

もし絵付けにご興味のある方がいらしたら、お知らせください。小さな工房なので、積極的に教えて大丈夫な感じではないですが、まあいきなり1000人殺到とかそういうことはないでしょうし。

是非QuiroGenaには1000人位殺到して欲しいです。


1年以上


2月ももう終わりです。
今週の予約状況ですが、今の所、比較的融通が利きます。
ただし夕方5時以降は予約が殺到しますし、状況はすぐに変わりますのでお早めにご検討、ご連絡下さいませ。
(TEL687 879 399 / 93 450 77 87)
営業時間は、月―金 9時-14時、16時-21時
午前の最後の予約時間は13時、夜は20時です。

HP右上のボタンCITAからもご予約は可能ですが、お返事にお時間を頂いておりますので、電話でのご予約をお勧めします。

http://quirogena.es/

日本語でのご照会はquirogena@outlook.esまでお願い致します。

では皆様、良い一週間をお迎えくださいませ。


1年以上


このPranaromのケモタイプエッセンシャルオイルの冊子、改訂版も出たし、結構ボロボロになってしまったけど、私にとっては大事な一冊です。

image

この冊子に出ていた、歯磨き時に使用するとかなり良いエッセンシャルオイルをご紹介します。

歯磨き粉の上に、ティーツリーオイル(Melaleuca alternifolia)とレモン(Citrus limon)のエッセンシャルオイルを1滴ずつ垂らすと、抗菌効果とホワイトニング効果があるとちょろっと書いてありました。(レモンは皮を圧搾しているので、正確にはエッセンスと呼ばれます。)

確かに歯を磨いてみると、歯がツルツルなのが分かります。ホワイトニング効果はレモンだと思いますけれど、これは毎日続けてみないと分からないかもしれません。週に2回位夜の歯磨きでやっていますが、私はコーヒーや紅茶をよく飲みので、いくらホワイトニング効果があっても、上から茶色い絵の具を塗っているようなものですよね。

すごい!と思ったのは、朝起きた時。口の中は全くネバネバ感や口臭がありません。寝ている間に、エッセンシャルオイルさん達がしっかり口の中をガードしてくれているんですね。

ティーツリーオイルだけでも、起床時の口の中の爽やかさは同じです。が、レモンが入ったほうが味が和らぎます。
ティーツリーオイルがない時は前述のサロ(Cinnamosma fragrans)やラヴィンツァラ(Cinnamomum camphora)を代わりに使っても良いと思います。
image

でも、私が最初に教わったアロマテラピーの先生だったら「何で、天然のエッセンシャルオイルをそんな化学物資(歯磨き粉)に混ぜるのー!」と怒りそうです。

便利なエッセンシャルオイル活用法ですが、確かに先生一理あり。

そこで、歯磨き粉の代用品を考え実践してみました。

重曹は強すぎると思うので消去。重曹だけなら良いかもしれませんが、これまたパワーいっぱいのエッセンシャルオイルとのコンビは口の粘膜を痛めそうです。

フレンチグリーンクレー(って言うんでしょうか。スペイン語ではarcilla verdeという、薄い緑色の粘土が粉になったものです)を濡らした歯ブラシの上に載せ、そこに先のエッセンシャルオイルを垂らす。

あるいは

エキストラバージンココナッツオイルを使う。今の季節は固まっているから使いやすいですね。最初はこれで歯ブを磨くのは「まずい!!もう一回!」って感じでしたが、すぐに慣れました。

どちらで試してもなかなかいい感じでした。暖かくなってココナッツオイルが液体になったら、フレンチグリーンクレーとココナッツオイルを混ぜてもいいかも知れないでね。

それにしても、レモンとティーツリーオイルがあれば、もう他のエッセンシャルオイルはいらないんじゃないかって思ってしまう位、両者とも何かと役に立ちますね。ここに本当はラヴェンダーを入れなくてはいけないのでしょうが、私はラヴェンダーの(Lavandula officinalis)香りが微妙に好きになれません。一方、苦手だったゼラニウム(Pelargonium x asperum)の香りは最近好きになってきました。

スペイン人にとっては、ラヴェンダーは好き嫌いがはっきり分かれるエッセンシャルオイルにのようです。

好きな人は、やはり小さい時の思い出なんかと結びついていて、苦手な人はおばあちゃんの家でいつもこの匂いがプンプンしていたので、何か古めかし感じがしてしまうとか、もう嗅ぎすぎたといったケースが多いようです。

私の場合は、何か強引な香りのような気がして、有無を言わさず、「私がTHEエッセンシャルオイルよ。さあ、嗅ぎなさい」と言っているようで、こちとら怯みます。女王様。完全な妄想です笑

ただメーカーやロット番号によってかなり差があるようですしねえ。またブレンドすると素敵な香りになりますしね。女王様格下げ( ・ั﹏・ั)


QuiroGena@Barcelona

作者:Cabbage

QuiroGena@Barcelona

サグラダ・ファミリアすぐそばのQuiroGena Masajes Terapéuticosの紹介と当センターの協力者、Cabbageのバルセロナでの毎日に関する日記です。

7日 1330 総合 927 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Cabbageさん新着記事



過去記事

Cabbageさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 QuiroGena@Barcelona
3位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
4位 食べて歩いて遊んでスペイン!
5位 SHS APARTMENT & HOTEL IN BARCELONA
6位 スペイン 気になる話
7位 スペイン庶民生活@バレンシア
8位 Barcelona+++Tanken


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録