Welcome!

スペイン庶民生活@バレンシア

昨日

世界のトレンド情報を発信する会社が、WEB映像の撮影に協力してくれるスペイン人を探しています。

会社からのメッセージはこちら↓

【急募】 都内在住のスペイン人のお宅を借りて、指定の料理を作っていただきながらお酒を楽しむような映像撮影にご協力いただける日本在住スペイン人の方いらっしゃいましたら、ご連絡ください!

募集要項

  • 場所:東京都内在住スペイン人の自宅。
  • 日本語レベル:日常会話程度。撮影の調整や映像で日本語でのコミュニケーションが少し必要となります。
  • 給与・待遇:詳しくは担当者にお問い合わせください。
  • 担当者:岸本
  • 問い合せ先メール:kishimoto★tenace.co.jp(★を@マークに変更。メールの場合は英語でのお問い合わせも可能)
  • 携帯電話番号:09017580445(日本語でお願いします。)

当サイトは、この求人に関するお問合せは一切受け付けません。ご了承ください。

4日前

盲点だったご近所のお米料理専門店「Flor de Valencia」

バレンシアの飲食店激戦区と言えばCanovas(カノバス)とRuzafa(ルサファ)ですが、Valencia CFの本拠地メスタージャ・スタジアムからほど近い我が家の辺りも何気にイイ線いってます。

美味しいアジアンはないけれど、スペイン料理、創作料理、モロッコ料理、バル、イタリアンとなんでも揃っています。

そして最近徒歩5分のところに本格的なお米料理レストランを見つけました。近いので今まで気が付かなかったのは通っているジムの丁度隣でその先に行くことがなかったから。いやー、完全に見落としておりました。

Flor de Valenciaの外観。

コスパ良しな週末のランチメニュー26ユーロ!

Flor de Valencia」の2人前から注文できる1人26ユーロのランチメニューの内容はこんな↓感じでかなり充実しています。

  • パン&飲み物(初めの1杯)
  • 前菜3種類
  • メインのお米料理(肉系か魚介系)あるいはイベリコ豚のヒレ肉
  • デザート&コーヒー

パン・コン・トマテタラの揚げ団子。

サクサクパイ生地の上に野菜とヤギのチーズをのせて焼いたもの。小さなイカとイカスミの炒め物。

まずは、パン・コン・トマテ。そして今日の前菜の1品目Albondigas de bacalao(タラの揚げ団子)です。しょっぱなからボリュームあります。タラの塩抜きが上手でおいしい。

2品目の前菜はCoca de hojaldre con verduras y queso de cabra gratinado(パイ生地のコカに野菜とヤギのチーズを載せたもの)。ヤギのチーズが若干苦手なスペイン人夫も満足の味でした。パイ生地は焼きたてでパリパリ&アツアツ!

3品目の前菜が一番気に入ったかも。Calamarcitos al ajillo con salsa de tinta y verdejo(小さなイカのスミ炒め)なんですが、ajillo(アヒージョ)と書いてある通り唐辛子がピリリ。イカも柔らかく仕上げて合って美味です。

「Flor de Valencia」のパエリア。

そしてお待ちかねのパエリア!

ランチメニューのパエリアは、

  • 鴨入りのPaella Valenciana(パエージャ・バレンシアナ、バレンシア風パエリア)
  • 上記と同じ材料でリゾットのMeloso(メロソ)
  • Arroz del Señorét(アロス・デル・セニョレッ:食べやすいように殻を剥いて小さめに切った魚介のパエリア)
  • 上記と同じ材料でリゾットのMeloso(メロソ)

の4種類からの選択でした。私たちは初めて行くお米料理専門店の場合は大抵バレンシア風パエリアを試します。一番好きなパエリアなのもあるけれど、このパエリアが一番難しい(と思っている)ので実力のほどが分かるから。

Flor de Valencia」のパエリアは合格!!! 味・色・お米のテクスチャー(Al Punto、アル・プントと言います、アルデンテとは違います)・塩加減・ガラフォン豆の柔らかさもいい感じでした。

コーヒーのプリン激ウマ。

そして最後のデザート。

スペイン人夫の頼んだデザートは、チョコレートソースがかかっていて余りイケてない外見がとってもスペイン的でした。

わたしはコーヒープリンを頼んで大正解! 甘さ控えめでなめらかで(スペインではすの入っているプリンよくあります)とても好みでした。

場所が町の中心ではないので、週末だったので店内はご近所に住む中流階級のスペイン人で満席でした。わたしたちは次は魚介系のパエリア試してみたいと思います。前菜のタパスっぽい料理も美味しかったからア・ラ・カルタもありかな…とにかくリピート決定!

Flor de Valencia

7日前

カルソッツが食べられるRafelbuñolのレストラン「Finca San José」

日本からのお客様をつれて総勢6名でバレンシアの郊外の村(町?)Rafelbuñol(ラフェルブニョル)のこれまた外れにあるレストラン「Finca San José」でカルソッツ(Calçot)食べてきました!

こちらは郊外のレストランなので薪のオーブンがあり、カルソッツだけではなくパエリアなどのお米料理も薪で調理します。

Finca San José(フィンカ・サン・ホセ)の周りにはなーんもありません。畑の中にポツンとある建物がレストランです。お庭もあるのでイベントや結婚式にも利用されるみたいですよ。

Finca San Joséの入り口。Finca San Joséの周りはなーんもありません。

車で中に進みます。駐車場もあり。早めについたのでこちらで一杯。到着した時は天気もまぁまぁでした。これは帰宅するときの空模様。

Finca San Joséのカルソッツメニュー「カルソタダ」詳細

カタルーニャの冬の風物詩「カルソッツ」(Calçot)のメニュー「カルソタダ」(Calçotada)。「Finca San José」の「カルソタダ」(Calçotada)は6名でこんな感じです(1人前25ユーロ)↓

  • ワイン2本(白・赤)と水(1Lの瓶)
  • 腸詰類の盛り合わせ、サラダ、カルソッツ(1人10本ぐらい…なんですがいくらでもお替り可能っぽい雰囲気でした)
  • 羊肉、チョリソー、モルシージャ(豚の血のソーセージ)+野菜のグリル
  • パン
  • デザート&コーヒー

これに食事が始まる前にテラス席でビール6杯、ガス入りのお水2本とワイン1本を追加して180ユーロでした。一人30ユーロとなかなかお得! ちなみに、レストランのサイトにはバレンシア風カルソタダと書いてあります。どうりで白インゲンがなかったわけです…食べたかったなぁ。

腸詰類盛り合わせ。

皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。

日本から来たスペイン料理のシェフが絶賛するほどカルソッツに付けて食べるロメスコソースが美味しかったです。

カルソッツは本場カタルーニャと比べるとちょっと細いのが残念ですが焼き加減はいい感じ! ロメスコソースは美味しくてお代わりしたんですが、持ってきてくれたものと最初に食べたソース味が明らかに違って「あー、いい加減なスペインらしい」と感じる瞬間(笑)。

予約時に「カルソッツは食べ放題じゃないけど1人当たり10本~12本あるよ」と言われましたが、言えばいくらでも持ってきてくれそうな感じでした…。でもとりあえず1人10本程度でやめておいて次のお肉のグリルに。

お肉は2切ずつ、ソーセージ、チョリソー、モルシージャも1人1本ずつあって結構なボリュームです。焼き野菜には旬のアーティチョークもついてきました。

羊肉は臭みがなくて美味しい。もちろん全部食べました。

デザートのブニュエロ。Finca San José。2階からの写真。

デザートはバレンシアらしく、カボチャを練りこんだ揚げ菓子、ブニュエロ(Buñuelo)のチョコレートソースかけでした。レストランも日曜日の家族ランチを楽しむお客さんで満席です。サービスは若干ゆっくり目ですがここはスペイン・バレンシア。のーんびりおしゃべりとともに食事をお楽しみ下さい。

バレンシアから車で30分の距離で、薪で炊いたパエリアが食べられるのでスペイン人夫はリピートしたいそうです。カルソッツ(焼いたネギ)+パエリアという食べ方をしている人もいて、季節が合えばカルソッツとパエリア両方食べたいな!

バレンシア市内や近郊の村のカルソッツが食べられるレストランのリストもご参照ください。

カルソッツや薪で炊いたパエリアが食べられる「Finca San José」

  • オープン:金・土・日のランチと、土のディナーのみ。
  • 住所:Camí la Rambleta, s/n 46138 Rafelbunyol
  • WEB:http://www.fincasanjose.com/
  • Email:info@fincasanjose.com
  • 電話:+34 667 418 997 / +34 665 570 041

10日前

タラゴナの美味しいオリーブオイルが日本でも購入可能に!

スペインは世界一のオリーブオイル生産国。美味しいスペインのオリーブオイルは日本でも徐々に知名度がアップしてきましたが、2017年からOli del Mar(タラゴナ)のオリーブオイルが日本で販売されることになりました。

Oli del Marのオリーブオイル畑。畑の向こうには海が...だからOli del Marなんですね。絞ったばかりのオリーブオイル。Oli del Marのオリーブオイル日本発売開始!

今回日本のAmazonで発売となったのは、「Oli del Marのエクストラバージンオリーブオイル モルット種 250ml」と「Oil del Mar エクストラバージンオリーブオイルギフトセット(100ml×4本)」です。

お店やレストランで使いたいのでたくさん仕入れたいいな言う方は、記事最後のコンタクト先を参照下さい。

Oli del Mar エクストラバージンオリーブオイル モルット種 250ml

ユネスコエコパークに認定されている、カタルーニャ州タラゴナ県エブロ川流域のオリーブから抽出したエクストラバージンオリーブオイル。

Oli del Marのオリーブオイル日本発売開始!Oli del Marのオリーブオイル日本発売開始!スペイン国内のみならず、海外での評判も高く、PRODEXPO2016 第23回ロシア国際食品見本市にて金メダル(最優秀賞)受賞、また第32回エブロ川流域オリーブオイルコンテストでも最優秀賞受賞しました。

モルットは芳醇な香りと少しの苦味と渋み、スパイシーさと力強さがあります。このモルット種は日本にはほとんど輸入されない珍しい品種です。

➡ 購入はこちらから

Oli del Mar エクストラバージンオリーブオイルギフトセット

Oli del Marで栽培されているアルベキーナ種、セビジェンク種、モルット種の3種類+オリーブソムリエによってブレンドされたクパージュの4種類(100ml×4本)のギフトセット。

Oli del Marのオリーブオイル日本発売開始!Oli del Marのオリーブオイル日本発売開始!1本100mlの小さなボトルなので、オリーブオイルに馴染みがない人あるいはいろいろなオリーブオイルを試してみたい人にもいいですね。
素敵なボックスに入っているのでもちろんプレゼントにも!

➡ 購入はこちらから

Oli del Marについての日本窓口&問い合わせ先

  • 会社名:Pulsense, S.L
  • Email:info@pulsense.es
  • 担当者:尾崎 剛士(おさき つよし)
  • PulsenseのFacebookページ:https://www.facebook.com/Pulsense-Products-829279007216005/
  • Pulsenseについて:スペイン産のオーガニック製品で且つ高品質のものをできるだけ求め安い価格で提供。日本人バイヤーが直接現地に訪れ、その五感を使って確かめ自らの子供に与えても問題がないと思えるものだけを紹介。

Oli del Marには、美味しいフルーツを使ったヴィネガーなど面白い商品がたくさんあるそうなので、これからも目が離せませんね。是非Oli del Marのレアで美味しいオリーブオイルをお試し下さい!

12日前

バレンシア市内とバレンシアの村(町?)でカタルーニャ冬の名物カルソッツが(Calçot)食べられるレストランを探してみました!

お待ちかねのカルソッツ! ロメスコソースを付けて頂きます。今週末に自分たちが食べに行くから調べたのですが、せっかくなので情報をシェアしたいと思います。

ネット検索なので、行かれる前に必ずカルソッツ(Calçot)あるいはカルソッツメニューのカルソタダ(Calçotada)があるかお確かめください。もちろん下記以外にもカルソッツが食べられるお店はあると思います。

カルソッツ実食レポートはまた来週!!

➡バルセロナで気軽にカルソッツが食べられるお店は「11月~4月限定!バルセロナで名物ネギ焼き「カルソッツ」に舌鼓」をご覧ください。

バレンシア市内

Restaurant Ca Duart

オシャレな感じのレストランです。市内中心部から近くて便利です。

Restaurante La Taula de Paula

カルソタダ(Calçotada)の値段不明。ただし、カルソッツは食べ放題のようです。伝統的な料理を提供するレストランのように見えます。

Casa Carmen

GrupaliaやGruponなどにもプロモーション価格のカルソタダ(Calçotada)を出すレストラン。2017年はカルソッツメニュー22ユーロでリーズナブルだと思います。

バレンシア近郊の村や町

La Sequieta(Alaquàs、アラクアス)

結構モダンな感じのレストランで、カルソッツだけの注文OKのようです。

Asador Montemayor(Manises、マニセス)

伝統的なカルソタダ(Calçotada)のようで、カルソッツ食べ放題で28.50ユーロ。飲み物は料金に含まれていません。こちらのお店は結構有名なようです。

Finca San José(Rafaelbuñol、ラファエルブニョル)

カルソッツメニューのカルソタダ(Calçotada)が25ユーロ。(http://www.fincasanjose.com/menu-temporada.html)飲み物も1杯込みの値段です。

Restaurante La Mengana(Macastre、マカストレ)

小さな村で雰囲気がとても良いです。カルソッツを食べた後に村を散策したい!

TABICK LoungeBar & Grill(Llombai、ジョンバイ)

普通のバルと言った感じのお店です。

スペイン庶民生活@バレンシア

作者:ナナイチ

スペイン庶民生活@バレンシア

スペイン第三の都市バレンシアから、平日は仕事、週末はのーんびりのスペイン的庶民生活をお届けします。
家族はスペイン人パートナーと猫2匹。スペイン留学のお手伝いもしています。

7日 1124 総合 1708 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ナナイチさん新着記事



過去記事

ナナイチさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
3位 スペイン庶民生活@バレンシア
4位 QuiroGena@Barcelona
5位 Bichito accoのスペイン大爆走
6位 はなのOL日記 IN バルセロナ
7位 食べて歩いて遊んでスペイン!
8位 スペイン 気になる話


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録