Welcome!

Waytostayのトラベルブログ

リストに戻る

1年以上

ダブルベッドが1つに、シングルベッドが2つ。仲良し4人家族にぴったりのアパートです。リビングルームの壁やカーテンに使われた鮮やかな紅色がとても個性的。ステキなインテリアで、アパートで過ごす時間をとても楽しく、またリラックスさせてくれるでしょう。扇型のお風呂もキュートです。65㎡と広すぎないアパートなので、ゆったり過ごしたいカップルにも気に入ってもらえるかも?

さらにおススメなのは、そのロケーション!Palladiumの名前の通り、Palladiumショッピングセンターはすぐ近くです。その向かいには「プラハの春」国際音楽祭で有名なスメタナホールを持つ市民会館、そして火薬塔、通りを進めばプラハのメイン広場…。プラハ旧市街の見どころはどれもすべて徒歩圏内です。

アパートのある場所は、大通りを挟んで新市街側にあるので、観光地の喧騒はなく、部屋では落ち着いて過ごせます。まさに「プラハに暮らす」ように観光が出来るでしょう!まずはここから空室確認してみてください。

プラハホテル PrImg_4472_64907_extra_large プラハホテル PrImg_4472_64903_extra_large

《アパート情報》

  • アパート名:The Palladium
  • 最大収容人数:6名
  • 広さ:65㎡
  • ベッドルーム数:2
  • バスルーム数:1フルバスルーム
  • ベッド数:1ダブルベッド、2シングルベッド、1ダブルソファベッド
  • アパートの所在階:日本式3階(ヨーロッパ式2階)、エレベーター有
  • アパートの詳細:をクリック

《近くの観光名所》

  • 市民会館:1911年建築。もともとは歴代の王の宮廷があった場所。内部には音楽祭「プラハの春」の会場となるスメタナホールや、小ホール、サロン、カフェがある。アルフォンス•ミュシャなど、チェコを代表する芸術家たちによるアールヌーヴォーの華麗な装飾が施されている。
  • 火薬塔:もともとは1475年に建てられた旧市街を守る城壁の門の一つだったが、17世紀に火薬倉庫として利用されたため、火薬塔の呼び名がついた。現在の姿は19世紀になって修復されたもの。塔の高さは65m。内部はギャラリーとしても利用されている。
  • 黒い聖母の家:ヨゼフ•ゴチャールの設計による代表的なキュビズム建築。建物角にある黒い聖母像が名前の由来。内部はチェコ•キュビズム博物館があり、1910年から1919年にかけてチェコで独自の発展を遂げたキュビズム絵画、彫刻、家具等が展示されている。

The post 家族でプラハ旅行なら、お洒落な真紅のアパートに決まり! appeared first on Waytostay Japan Blog.

コメント

Waytostayのトラベルブログ

作者:waytostay

Waytostayのトラベルブログ

Waytostayブログはヨーロッパのトラベル情報のブログです。役に立つとトラベルチップの記事ばかり!

7日 22 総合 371 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



waytostayさん新着記事



過去記事

waytostayさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
3位 食べて歩いて遊んでスペイン!
4位 El Cercle
5位 DESDE JEREZ
6位 スペイン庶民生活@バレンシア
7位 QuiroGena@Barcelona
8位 じゅにあのおしゃべり


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録