Welcome!

Waytostayのトラベルブログ

リストに戻る

1年以上

フィレンツェの市バスを運営するのはATAF。路線はフィレンツェの街を網羅していますが、路線は入り組んでいてかなり複雑なため、土地勘のない観光客が利用するのは少々難しいです。フィレンツェの街は小さく、ほとんどの観光名所は徒歩で回れるので、ミケランジェロ広場やサッカー場、丘の上の小さな町フィエーゾレなど、中心部から離れた場所に行くときに利用するのがよいでしょう。

ミケランジェロ広場への行き方:サンタ•マリア•ノヴェッラ中央駅(Stazione FS SMN)から12番もしくは13番のバスに乗車、ミケランジェロ広場(Piazzale Michelangelo)下車。復路も同じく12番もしくは13番バスで。環状線になっているので、どちらの方向でも中央駅に着きます。

スタジアムへの行き方:サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(Stazione FS SMN)から17番のバスに乗車、ヴィア・デイ・ミッレ(Via dei Mille)下車。復路はヴィア・デイ・ミッレ(Via dei Mille)から10番、17番、20番のバスに乗車、10番と17番は中央駅まで、20番はサン•マルコ広場が終点です。(試合があるときのみ運行の52番臨時バスがあります。サンタ•マリア•ノヴェッラ駅始発。復路はクルヴァ・フェッロヴィーア側にあるバス停から乗車し、中央駅が終点です)

フィエーゾレへの行き方:サン•マルコ広場の、サンマルコ教会を正面に見て右横の通り(Via Giorgio La Pira)にあるバス停ラ•ピーラ(La Pira)より、7番のバスに乗車、終点がフィエーゾレ(Fiesole)です。復路も同じく7番バスでサン•マルコ広場が終点です。

切符にはいくつか種類がありますが、どれも最初の刻印から90分間有効です。ミケランジェロ広場に行く場合は、近くの美しいサン•ミニアート•アル•モンテ教会見学と併せても切符1枚で十分でしょう。スタジアムやフィエーゾレに行く場合は、復路分の切符も先に買っておきましょう。切符はサンタ•マリア•ノヴェッラ駅前にあるATAFの切符窓口のほか、駅構内の売店、街のいたるところにある「T」マークのついたタバッキ(Tabacchi)で購入できます。*バスの運転手から切符を買うことも出来ますが、その場合90分の1回券が€2.00と割高になります。

1回券:€1.20
刻印から90分間有効。有効時間内は何度でもバスの乗り降りが出来る。刻印は最初の乗車時のみでOK。ESEC-20120926---90-minuti-(fronte)-
2回券:€2.40
1枚の切符に2カ所刻印できるスペースがある切符。複数人での使用可(その場合は、最初の乗車時に人数分の刻印をしてください)。それぞれ90分間有効。有効時間内は何度でもバスの乗り降りが出来る。刻印は最初の乗車時のみでOK。ESEC-20121002---2-corse-90-minuti
4回券:€4.70
1枚の切符に4カ所刻印できるスペースがある切符。複数人での使用可(その場合は、最初の乗車時に人数分の刻印をしてください)。それぞれ90分間有効。有効時間内は何度でもバスの乗り降りが出来る。刻印は最初の乗車時のみでOK。ESEC-20121112---4-corse-90-minuti1

観光客だらけのフィレンツェに疲れたら、気分を変えてぜひフィエーゾレの町を訪れてみてください。バスで20分程度、とても美しい教会と、フィレンツェを見下ろす素敵な景色があなたを待っています。

The post フィレンツェの市バスを利用する appeared first on Waytostay Japan Blog.

コメント

Waytostayのトラベルブログ

作者:waytostay

Waytostayのトラベルブログ

Waytostayブログはヨーロッパのトラベル情報のブログです。役に立つとトラベルチップの記事ばかり!

7日 49 総合 347 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



waytostayさん新着記事



過去記事

waytostayさんへの新着コメント




バルセロナブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 gyuのバルセロナ便り
2位 QuiroGena@Barcelona
3位 バルセロナ直行便☆スペイン街角/バルサ情報を直送!
4位 食べて歩いて遊んでスペイン!
5位 SHS APARTMENT & HOTEL IN BARCELONA
6位 スペイン 気になる話
7位 スペイン庶民生活@バレンシア
8位 Barcelona+++Tanken


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バルセロナでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録